ここを乗り切れば

こんにちは

口内炎が痛くて、喋るのも困難なオルカプロジェクトでございます。

口内炎が出来る原因はビタミンB2、B6の不足、ストレス、睡眠不足が原因と言われています。

思い当たる節が多過ぎて、どれが原因か全く分かりません(笑)

「怒ってんの?」と聞かれますが、別に怒ってません。

痛くて喋れないだけです。

さて、あと1週間もすれば、待ちに待ったゴールデンウィークですね。

仕事頑張ろう。


DSC_1790.jpg
スポンサーサイト

マイクロチップ成長検証その33

【オウガ】が我が家にやって来て、もうすぐ2年が経とうとしている。

マイクチップ成長検証を書き始めたのが2016年の6月11日で、当時の画像がこちら。

IMG_1164.jpg

「この成長線を、よく覚えておいて下さい。」とブログに書いた。

それから約2年が経過し、現在の姿がこちら。

DSC_1782.jpg

甲長は10cm以上大きくなり、甲羅の歪みも、体型の狂いもなく健康そのもの。

私は爬虫類全般の知識もなく、飼育も決して上手くない。

ワニガメしか育てられない偏った人間である。

だけどその分、ワニガメだけは、拘りを持って飼育しているつもりだ。

ある意味、湾岸ミッドナイトに出てくる、Z32しか速く出来ないオッサンみたいなものか……?(笑)

オルカの成長線2018

もうそれほど食べさせていないので(それでも1kgくらいは食べさせますが………。)、甲長は殆んど伸びていません。

うっすらと新しい成長線が確認出来る程度です。

_20180324_005258.jpg

毎日同じ事の繰り返しに思われがちですが、季節や気温、体型などを見ながら結構微調整してるんですよ。

もちろん、全て手探りと勘でね。

今オルカにとって、何が必要で、何が要らないのか?ってのは、常に意識する様にしています。

ワニガメ根付

アクアプラント製作のワニガメ根付です。

_20180323_002510.jpg

_20180323_002246.jpg

恐らくiZooの限定新作バージョンで間違いないと思いますが、ワニガメの根付だけでも、ものすごい種類があるので、興味のある方は、直接問い合わせして頂いた方が確実だと思います。

すでに、私のコレクションケースもワニガメのフィギュアでいっぱいです。

2個ずつとか買うので。

新しいケース買ってこなきゃ、もう入らない。

オルカジャッジ

オルカは人の好き嫌いが激しく、好きな人には自分から近づいていくが、嫌いな人が来ると、そっぽを向いて全く顔を出さなくなる。

基本的に生き物が好きで優しい人が、オルカは好きなようだ。

DSC_0766.jpg

逆に興味本位で見に来た人や、水槽に近づき過ぎたり、距離感を掴むのが下手な人は嫌われる傾向がある。

私が判断して、こりゃダメだと思った方は、それ以降の入室をお断りさせて頂いている。

オルカ面接官のジャッジは意外と厳しいのだ(笑)

マルミ緋写り

マルミ養鯉場作出の緋写り(当歳)です。

まだ雌雄はハッキリしていませんが、追い星もなく、精子も出さないので、今の所メス判定です。

_20180304_185243.jpg

期待の1本。目指せ!、1メーター(笑)

最低な時代

今の爬虫類業界は「平和」だと思う。

昔は本当に滅茶苦茶な人が沢山いたから。

いらない生き物は高額で人に押し付け、欲しい生き物は泥棒してでも手に入れる。

押し売りと、未払いは当たり前。

断れば断ったで嫌がらせ。

盗まれちゃうから他人に生き物を見せるなんて、危なくて出来なかったし、本当に気が休まる暇がなかった。

そんな最低な時代が、爬虫類業界にはあった。

まぁ、楽しい事もあったけどさ、あんな思いは2度としたくないし、今の若い世代には、そんな経験してほしくないよね。

な~んて事を考えながらSuicaにお金をチャージしてたら、お釣りが2000円札で出てきた。

_20180324_121636.jpg

これこそ今の若い世代は知らないんじゃないか?(笑)

ハラガケの成長

お待たせしました。

ハラガケガメの甲長計測のお時間です。

前回の甲長14cmから……なんとさらに1.4cm伸びて

甲長15.4cm!!!

DSC_1769.jpg

重てぇ~。

DSC_1776.jpg

とてもじゃないが、ハラガケガメの重さとは思えん。

ハラガケのメスとしては、最大級の大きさに近づいたんじゃないでしょうか?

ベビーから飼い始めて、僅か1年半で。

ちなみに100円ショップのプラスチックノギスでは、これ以上は測れません。

限界です。

次の計測までに、20cmくらいまで測れるデジタルノギスを買って来ましょう。

恐いと思うか、可愛いと思うか

ワニガメの顔をイメージした時、多くの方は獰猛で恐い顔をイメージすると思う。

しかし、ワニガメの顔は大型個体になれば、逆に可愛くなる。

頭幅が出て丸顔になり、目の位置も鼻先に近づき正面を向く。

老成個体ほどではないが、オルカの顔もだいぶ可愛くなってきた。

DSC_1594.jpg

まぁ、どう見えるかは人それぞれだけどね。

繭玉

さてさて、今日は新作のトリュフチョコ………ではなく、シロヘリミドリツノカナブンの繭玉を紹介します。

幼虫はこの中でサナギから成虫へと羽化し、成熟すると自力で出てきます。

DSC_1624.jpg

結構カチカチに固めてありますが、上手いこと割るもんですな~。

まぁ、振ってみて中でコロコロ音がしなくなったら羽化しているので、人の手で割っちゃっても構わないんですがね。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR