プロジェクトの意味

15年かかって、やっとここまで。

IMG_3427.jpg

当初、私の飼育技術の未熟さから、成長させてあげられなかった時期もあるが、とりあえず誰が見ても太いと感じる成長線の太さにまでは、持っていく事が出来た。

ワニガメ飼育の先輩方から教わった飼育法をアレンジし、私なりの飼育法をブログや本を通して未来の飼育者に伝え、残していく。

オルカプロジェクトの「プロジェクト」の本質はここにある…と自分では思っている。

もし、皆さんが飼育で行き詰まった時、このブログやワニガメハンドブックに書いた記事が少しでも役に立ってくれれば、それだけで私は嬉しい。
スポンサーサイト

集中力低下中

体調不良でも少々無理して水換えするのは飼育者として当然の事だが、集中力が低下している時こそ事故には気をつけなければならない。

水換え中は、常にこのでかい頭の位置を把握しておく事。

IMG_2997.jpg

気づかず距離を縮められたら大惨事だ。

爪の色

給餌制限を行う様になってから、オルカの爪の色が良くなった気がする。

左側の2本なんて、一時は真っ黄色になってしまったけど、また茶色く色づき艶も出た。

IMG_2752.jpg

特に皮膚と爪は健康のバロメーターになるので、良く観察しましょう。

リスク

オルカを今より巨大な水槽に移動させるという案は、以前から計画しているのだが、国内外の大型爬虫類の死亡データを集めると、施設の移動後に死亡するケースが非常に多い。

隣の水槽に移動させただけで、2ヶ月間拒食したという報告もある。

また、熱帯魚屋さんに話を伺うと、大型魚も移動させた後に死亡するケースが、かなりあるようだ。

仮に、特注で奥行き120~140cmクラスの水槽を作るとしたら、安く見積もっても価格は50万円以上。

さらに、水槽台から水槽を上げ下げするのに、屈強な男手が4~5人は必要になる。

そこまでして移動させたにもかかわらず、拒食した、体調を崩した、死亡したでは元も子もない。

現在オルカのコンディションは、非常に良い。

リスクを背負ってまで移動するメリットはあるのか?

水槽を大きくすれば、さらに巨大に育つ事は間違いない。

しかし、巨大に育てば体に掛かる負担も大きくなる。

オルカにとって最良の方法は何なのか?

一段と慎重になって考えなければならない時だろう。


IMG_2716.jpg

高過ぎるポテンシャルを抑えるのは大変だ

餌の量を絞っても、やはり成長線は決まった時季に出るもので…

かといって、昔みたいにドーンといった感じではなく、ゆっくり、うっすらといった感じで。

IMG_2744.jpg

今はもう、年間で5mmくらい大きくなれば十分だと思う。

それでも、10年で5cm、20年で10cm大きくなる計算だけど。

圧倒的スター

先日のワニガメ生態研究所ブログで話に出た「テレビに出たから100万円」のワニガメ。

懐かしい話です。

埼玉にあった某爬虫類ショップの巨大ワニガメで、たけしのなんちゃら創世記で中山エミリが大根咬まそうとしたら、棒から大根が外れてスタジオがパニックになったあのワニガメ。

もう20年くらい前の話ですからね。

この話が分かる人が、いま日本に何人いるのか?(笑)

あの頃は私もワニガメ飼い始めのペーペーで、巨大ワニガメをキラキラした少年の眼差しで眺めておりました。

今日はそんな夢の巨大ワニガメの話でもしましょう。

オルカを初めて見た人が言う感想は、ダントツで「でかい!」か「大きい!」ですが、意外にも多いのが「可愛い」です。

特に女性の方。

こんな凶悪な顔した、引くくらいでかいカメが可愛いとは……

IMG_2897.jpg

ちなみ「怖い」と言われた事は1度もありません。

そして、そういう人はオルカしか見ない。

他にもゲイモスやモモなど凄いカメは沢山いるのに、全ての個体がオルカの前では脇役になってしまう様ですね。

ビッグマウス

最近は餌の量を絞っているので、以前に比べルアーリングの回数が増えた【オルカ】

今日もメロンくらいなら入りそうな、大きな口を開けて猛アピール。


IMG_2707.jpg

井出さんとオルカがご対面

生きものや菊家の井出さんが、オルカに会いに来てくれました。

間近で見る巨大ワニガメの迫力と、一般家庭で巨大ワニガメを育てる大変さを感じ取って頂けた様です。

IMG_2695.jpg

そしてオルカの方から、こんなに寄って行く人も珍しい。

IMG_2700.jpg

基本、私にしかなつかないワニガメなので。

修行中?

給水中の水に打たれて修行中の【オルカ】

IMG_2626.jpg

水温を合わせた温水の為、非常に気持ち良さそうな修行です。

リラックス

オルカは私の飼育環境に完璧に適応している。

ご覧のように、人が近づいても動じる事なく水面から顔を出している。

IMG_2512.jpg

それどころか撫でても、押しても頭を引っ込める事はなく、むしろ「ご飯くれるの?」近づいてくる図々しさだ。

しかし、ここまで馴れてしまうと、逆にちょっとした環境の変化がダメージとなる場合がある。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR