人工蛹室

カブトムシの人工蛹室にトイレットペーパーの芯を使う人は多いが、うちではこのようにフィルムケースのような物を使用している。

_20180705_190145.jpg

これが、カブトムシのサイズにジャストフィット。
スポンサーサイト

真夜中の騒音

毎日、大量のカブトムシが羽化してくるので、「ガサガサ」「ブンブン」音がうるさい。

_20180705_190112.jpg

_20180705_190039.jpg

まぁ、元気なのも、あと1ヶ月くらいか。

国産カブトは、寿命が短いからね。

少数ですが、赤カブトも羽化しています。


_20180704_035552.jpg

_20180705_101154.jpg

夏ですな~

今年もカブトムシの羽化が始まりました。

_20180628_035728.jpg

100匹以上羽化する予定なので、これから我が家はバナナの消費量が半端なく増えます。

昆虫ゼリーなんて与えてたら破産します(笑)

シロヘリ採卵

シロヘリの卵を採卵しました。

大体2週間に1回のペースでケースをひっくり返して、卵を回収しています。

幼虫も1匹確認できました。


_20180621_021525.jpg

外の空気は美味いかい?

繭玉を少し割ったら、シロヘリの成虫が凄い勢いで飛び出してきた。

_20180608_035522.jpg

早く外に出たかったのかな??

毎回思うんだけど、なんでこんな体のサイズギリギリの繭玉を作るんだろう?

もっと広い4LDKくらいの繭玉を作れば、蛹化も羽化もスムーズに行えるんじゃないのか?

自分が脱いだ皮が羽にくっついて、羽化不全起こすとか訳が分からん。

ウガンデンシス産卵セット

ウガンデンシスオオツノカナブンの産卵セットを組みました。

カナブンと言っても、大きさはカブトムシのメスくらいあるので、プラケも大きめのサイズを用意しました。

_20180616_103411.jpg

ソリッドグリーンが綺麗ですね。

この種もカラーバリエーションが豊富で、グリーンの他に、青や茶色など色々な体色の個体がいます。

出来る事からコツコツと

作業が全く追いつきません。

オオクワガタが成虫になっているのを確認していますが、まだ1匹も掘り出しが出来ていません。

_20180618_223450.jpg

_20180618_223411.jpg

まぁ休眠期間なんで、掘り出したところで、ゼリーも食べないし、活動もしないんですがね。

ただ、出来る事からどんどんやらないと、作業が溜まってしまうので。

ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタを頂いた。

朝起きたら玄関先を歩いていたらしい。

_20180527_141002.jpg

うちの周りは山が多いから、コンビニの駐車場とか街灯の下に昆虫が落ちている事がよくある。

それでもカブトムシやコクワガタが殆んどで、ノコギリクワガタはあまり見かけない。

今となっては普通に外国産の虫が輸入され、オオクワガタの繁殖方法も確立されてしまったが、オオクワやヘラクレスが幻だった時代、カブトムシ、ミヤマと並んで、ノコギリクワガタは子供達のスターだった。

今となってはノコギリクワガタで興奮する事もないが、こういう虫を手に取ると、当時の記憶が鮮明に甦ってくる。

たまには過去にタイムスリップしてみるのも悪くない。

オオクワ産卵セット

オオクワガタの産卵セットを16セット組みました。

_20180527_153944.jpg

本当は21セット組む予定でしたが、途中でプラケが足りなくなったので……(汗)

あとはゼリー交換くらいしかやる事がありません。

割り出しは毎年夏休みに行うので、8月の中旬頃です。


_20180527_153715.jpg

種親決定個体

シロヘリのオスが羽化しました。

頭がブルーで、羽がパープル。

写真だと紫色が綺麗に出ないのが残念。

_20180526_044530.jpg

やべぇー、めっちゃ綺麗だ。

種親に決定です。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR