生後1年

生後1周年記念という事で、ハラガケガメの甲長を計測しました。

前回計測した時は11.5cm。

果たして今回は??

グイグイと開いていくノギスの目盛り…

結果は12cmを大きく超え、12.7cm!!

まさか前回の計測時より、1cm以上大きくなっていたとは……

すげぇポテンシャルだ。


IMG_3932.jpg
スポンサーサイト

突き詰めなければ結果は出ない

給餌とは生き物飼育者にとって、とても楽しい時間である。

しかし給餌とは、生き物の成長に影響を及ぼす重要な作業でもある。

私が亀に給餌する場合、1つだけ拘っている部分は、食べ始めから食べ終わりまでしっかり見届ける事。

餌を放り込んで、「あとは勝手に食え」みたいな事は決してしない。

少量を数回に分け、食べ終わるまで必ず見届ける。

ハラガケ1匹の給餌に30分かける人間が、どこにいる?

ここにいる。


IMG_3866.jpg

断念

このオスのハラガケガメも巨大化を狙い飼育していたのだが、あっという間にメスに追い抜かされ、さらにはスーパー給餌にもついてこれない様なので、巨大化は諦めた。

IMG_3701.jpg

この個体は無理せずゆっくり育てます。

ご覧のように、個体選びは厳選に厳選を重ね、他の個体を犠牲にする覚悟がないと、本当に凄い1匹を育てる事は出来ない。

壁突破

カメの成長には種類によってある一定の壁がある。

ワニガメで言えば、甲長60cm。

ジャイマスなら甲長30cm。

私は一応どちらもクリアしたが、個体のポテンシャルに助けられた部分もかなり大きい。

同サイズの個体をもう1頭育て上げて、初めて飼育スキルの高さは証明されるのではないだろうか。

さて、私が今力を入れているハラガケガメだが、文献やブログなどを見ると、甲長15cmが1つの壁になっているようだ。

しかし、同じ甲長15cmでも、ハラガケのCBはワイルドに比べ極端に頭が小さい。

なので、パッと見た感じでは、甲長12cmのワイルド個体の方が全体的に大きく見えてしまう。

だからこそ、私の目標は甲長17cm。

CBのメス個体でも、ワイルドのオスに引けを取らない個体に育ててみたい。


IMG_3721.jpg

限界値

カメを大きくするなら、やみくもに大量給餌をしてもダメ。

しっかりとスケジュールを組んで給餌を行う事。

そして、代謝が上がっている瞬間を見極める事。

代謝が上がっている瞬間とは?

そう、カメが脱皮をしている時である。

見分けるポイントはカメによって違うが、ハラガケガメは分かりやすい。

首回りに、ヒラヒラと皮が付き始めたら一気に給餌量を増やし、一気に伸ばす。

一時的に、これくらいパンパンになるが、代謝が上がっている為、2~3回排泄すればすぐに元の体型に戻る。


IMG_3723.jpg

やっぱポテンシャルが違うよね

うちで1番成長が早いハラガケガメ。

甲長はもう少しで12cm。

まぁ11.5cmって言っとけば確実かな。

手に持つとズシリと重い。

IMG_3635.jpg

同サイズのオスと比べても、こちらの方が遥かに重い。

ハラカケを大きくする秘訣は、水流をつけた深めの水深で、水槽の奥行きは……

いやいや、うちはプラケースで濾過なんて付けないから(笑)

狭くなったね

こんにちは。

どうやら寝違えたらしく、朝起きたら首が痛くて左が向けないオルカプロジェクトでございます。

トクホンチールがお友達です。

さて、以前紹介した9ヶ月で甲長11cmまで成長したハラガケガメ。

現在はプラケースの(大)で飼育していますが、なんだかすでにパツンパツンな感じ(笑)

IMG_3607.jpg

そろそろ大きい容器に移し替えるかな。

オスも負けるな

こちらは甲長12cmほどのオスのハラガケガメ。

IMG_3346.jpg

こちらの方がまだ少し大きいですが、近いうちにメスに追い抜かれそうです。

果たしてどこまで逃げ切れるでしょうか。

メスなんです

先日ブログで紹介した、生後9ヶ月で甲長11cmまで成長したハラガケガメ。

皆さんオスだと思われたみたいですが…

メスです。

通常ハラガケガメはオスの方が成長が早いと言われていますが、餌食いさえ良ければ、雌雄はあまり関係ないみたいです。

とりあえず、目標は甲長17cm。

誰が見ても「うぉぉぉぉ!、デケェー!」と発狂するレベルの個体に育て上げます。


IMG_3380.jpg

食べる子は育った

2016年9月13日のブログで、初登場したこのハラガケガメ。

IMG_1539.jpg

飼育から約9ヶ月が経過した現在の姿がこちら。

甲長は11cmまで育っている。

IMG_3343.jpg

殖やしたブリーダーさんに、「うちの仔亀は1年で12cmになるよ。」と伺っていたのだが、 実際飼育してみて、その成長速度の早さに驚いている。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR