カブトニオイが産卵

ヒメニオイガメの産卵が遅れています。

例年通りなら、6月中に産み始めるはずなんですが、掘ってるだけで、全然産む気配がありません。

今年は、カブトニオイの方が先に産みました。

現在9個。


_20180630_150559.jpg
スポンサーサイト

成長した姿

4年ほど前に、うちからヒメニオイガメのベビーを持って帰った方が、画像を送ってくれました。

左がブラックタイプで、右がノーマルタイプ

_20180308_172830.jpg

すでに産卵もしているとの事ですが、オスがいないので当然無精卵です。

ブラックカブトニオイのその後

「その後どうなりましたか?」と聞かれる事が多い、ブラックカブトニオイガメ。

一応、黒いまま元気に成長しております。

IMG_4663.jpg

これがたまたまなのか、遺伝的なものなのかは、正直よく分かりません。

この1匹しか孵化しなかったので。

今年も生まれれば、親の中にブラックの遺伝子を持った個体がいるって事なんでしょうが、カブトの親もかなりの数がいるので、どの個体なのかさっぱり……(笑)

黒いまま

昨年、1匹だけ孵化したパターンレスブラックカブトニオイガメ。

一応現在も、黒いまま成長しています。

比較の為、横にオオアタマヒメニオイガメのノーマルを並べてみました。

IMG_4511.jpg

どうですか?

結構黒いでしょ?

こ、これは!

昨日の画像で、すでにピンと来た方もいるでしょう。

そうこの個体、頭に柄がない。

そして甲羅にも柄がない。

おまけに異常に黒い。

これは………。

パターンレスブラックカブトニオイガメだ!(私が勝手に命名)

IMG_4270.jpg

IMG_4271.jpg

IMG_4289.jpg

凄いか凄くないかは別にして、こんなの初めての見た。

やっと出てきた

やっと、カブトニオイの最後の卵が孵化しました。

IMG_4267.jpg

4ヶ月はかかり過ぎだね。

待ちくたびれちゃったよ。

でもこの個体……。

待った甲斐があったかも。

はやくぅ

ヒメニオイの最後の卵が孵化しました。

IMG_4245.jpg

カブトニオイは、最後の1つがまだ孵りません。

11月の中頃には全て孵る予定でしたが、計算が狂いました(汗)

癖が強い?

スジクビの繁殖には癖があると聞きますが、私の感想としては親の協調性が悪いくらいで、卵さえ無事に回収出来れば孵化自体はそれほど難しいものではありません。

また、親の協調性と言っても、オオアタマヒメニオイだってオスがメスに咬み付きますし、カブトニオイだってメスを追い回します。

ニオイガメを飼っていたら、この辺りは仕方ない事なのかもしれません。

重要なのは、本当に仲の良いペアを揃えるか、パワーバランスを保つ事だと思います。


IMG_4185.jpg

比較画像

ブラックヒメニオイと、ノーマルヒメニオイの比較画像。

こうして見ると明らかに違うのが分かるでしょう。

IMG_4068.jpg

地域個体群なのか何なのか、詳しい事は分かりませんが、平均して年に5~6匹ずつ生まれています。

全然生まれない年もあります。

以前はジョージア産ではないか?と言われた事もありますが、私のイメージとしてはジョージア産はこげ茶色で、うちのは黒。

スジクビヒメニオイ孵化

スジクビヒメニオイガメが孵化しました。

IMG_4165.jpg

オオアタマヒメニオイガメは沢山殖やしてきましたが、スジクビの繁殖は初となります。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR