針子の飼育

さて、無事に孵化したメダカ達には、次なる関門が待ち構えています。

生まれたてのメダカは針子と呼ばれるほど小さく、大きな餌は食べられません。

パウダー状の餌でも大きいくらいです。

しかし、体力のない針子は、常に食べていないと、あっという間に餓死します。

そこで登場するのがグリーンウォーター。

針子はグリーンウォーターの植物性プランクトンを食べて成長します。

生後3日~10日の間は、グリーンウォーターに、このウォーターフードを混ぜます。

_20180619_152312.jpg

生後10日目からブラインシュリンプを与え、針子が1cmくらいに成長したら粉末フードに切り替えます。

まぁやり方は色々あるので、これが正しい訳ではありませんが、うちではこの方法で、卵~針子~幼魚までの育成を行っています。


_20180621_021454.jpg
スポンサーサイト

メダカの卵管理

夏はメダカの採卵が楽しい季節。

毎日、毎日嫌というほど産んでくれる。

今日は、そんな卵の管理方法を紹介してみようと思う。

ただ、採卵して置いとくだけじゃ、カビにやられるだけだからね。

まず産卵床に産み付けられた卵を、指で摘まんで採卵する。

卵は、手のひらの上で転がして付着糸を取り除いた後、カビ防止の為、メチレンブルーに浸ける。

_20180623_051053.jpg

とにかく、卵同士をバラバラにするのがポイント。

なお、無精卵は青く染まるので、この時点で取り除いておく。

やる事はたったこれだけ。

このひと手間をかけるか、かけないかで、孵化率は大きく変わる。

採卵と、まんパク

こんにちは。

最近は、メダカの卵採りが日課になっているオルカプロジェクトでございます。

ご覧のように、スポンジに卵がびっしり。

_20180526_223025.jpg

品種は幹之です。

_20180526_223152.jpg

さて、昭和記念公園で絶賛開催中のフードフェス「まんパク」へ行ってきました。

立川駅で同級生の山口くんと待ち合わせ。

彼の方が先に駅に着いたんですが、私を待ってる間に逆ナンされたと??

さすが、金持ってる男は違う(笑)

まんパクのマスコット【ぽぅ】ちゃん。

_20180527_230011.jpg

カオマンガイ
_20180527_201001.jpg

牛とろ丼
_20180528_221655.jpg

近江牛を使用した餃子
_20180529_201316.jpg

たこ焼き
_20180529_201356.jpg

うに丼
_20180601_040225.jpg

メロンクリームソーダ
_20180601_040109.jpg

いやぁ食った、食った。

お腹いっぱいで、動きたくありません。


_20180527_225834.jpg

交配失敗

フロリダハマーは交尾を確認したものの、抱卵はしませんでした。

DSC_1589.jpg

メスのセメント線も出ていないし、何となくダメな予感はしていましたが、ダメだと思った時はやっぱりダメなんですね~。

もしかしたら、オスとメスの繁殖フォームが合ってなかった可能性もありますしね。

まぁ、気長に頑張りたいと思います。

フロリダハマーの交尾

普段、フロリダハマーのペアは別々のプラケに入れて、隣同士に置いている。

そして先日、メスが脱皮。

するとオスがプラケース越しにメスを追いかけ始めた。

これはもしや?と思い、メスのプラケにオスを放り込んでみたら、あっさり合体。

IMG_4657.jpg

ちゃんと掛かっていたら、抱卵は2週間後くらいかな??

ミステリークレイフィッシュが抱卵

数日前から、ミステリークレイフィッシュにセメント線が出ているのを確認しました。

セメント線とは、卵をくっつける接着剤みたいなものです。

メスの尾に、白く浮き出ます。

そろそろかな~と思っていたら今朝、案の定抱卵。

IMG_4669.jpg

少なく見積もっても50個はありますね。

脱卵させないように、静かに見守りたいと思います。

稚ザリが孵化したら、また報告します。

空気を求めて

ザリガニは水面近くで横になり酸素補給を行う。

IMG_4556.jpg

子供の頃、用水路の壁が真っ赤になる位ザリガニがくっついていて、トラウマになりかけたのは私だけではないだろう。

ちなみに、普通のアメリカザリガニは爪の裏も同色だけど、フロリダハマーは真っ白なんですね~。

豆腐ザリガニ

ミステリークレイフィッシュが脱皮した。

IMG_4562.jpg

ちなみに、脱皮直後の体が柔らかい状態を、「豆腐」と言う。

これ全国的に通用する言葉だと思っていたら、どうも私の周りだけらしい(笑)

だいぶ大きくなったし、そろそろ抱卵しても良いと思うけど、セメント線はまだ確認出来ません。

ミステリークレイフィッシュが脱皮

よく心霊特番で「部屋の片隅から不気味な物音が………」なんてのをやってますが、うちなんか生き物が沢山いるんで、あっちでガタガタこっちでゴトンと、色んな場所から音がする訳です。

もはや心霊現象なのか、何なのかすら分かりません。

まぁ霊感無いし、見えないからどっちでも良いのですが。

さて、ミステリークレイフィッシュが脱皮しました。

IMG_4533.jpg

脱皮したら少し青くなったような???

ミステリークレイフィッシュ

オスが存在せず、メスが単為生殖して子供を産むミステリークレイフィッシュ。

IMG_4497.jpg

ちなみにミステリークレイフィッシュは日本だけの呼び名で、正式にはマーブルクレイフィッシュと言うらしい。

最大でも10cmほどの小型のザリガニです。

フロリダハマーを衝動買いしてから、ちょっとザリガニに興味が湧いてきて、そんな時隣の家のおじさんが「お前が子供の頃描いた絵が出てきたぞ~」って持ってきたのがこちら。

IMG_4499.jpg

まぁ、なんということでしょう。

確かに子供の頃、生き物の絵を描いていた記憶は何となくあります。

多摩動物公園のアフリカゾウとか。

よみうりランド水族館のピラルクとか。

当時、家の周りは田んぼだらけだったので、ザリガニも沢山いましたから、自然とこういう絵を描いていたのかもしれません。

というか、今より絵心あるかも(笑)

今描けるのは、ドラえもんとコロ助くらい………。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR