日本観賞魚フェア2014

江戸川区のタワーホール船堀にて開催された第32回日本観賞魚フェアへ行ってきました。

s-画像 061

さて、今年の農林水産大臣賞は流金かな~らんちゅうかな~それともオランダかな~

ん!?

よ・し・お・か…

吉岡養魚場~!!!

s-画像 052

s-画像 051

スゲー!!亀のトップブリーダーが金魚でも日本一になった!

あっいや、よく考えたら金魚が本業か

爬虫類のイベントで会う事の方が多いからつい(汗)

一言でもお祝いの言葉を言いたい。

会場内で吉岡さんを探す。

普段見ることの出来ないスーツ姿の吉岡さん発見!

この度は出品総数592匹の頂点、本当におめでとうございます。

というか…

吉岡さん賞取りすぎ(笑)

s-画像 053

殆んど総なめなんですケド…

吉岡オランダ。凄い肉瘤
s-画像 055

吉岡東錦。親魚の部優勝
s-画像 054

凄すぎですな(笑)
スポンサーサイト

エアロがうちに来て半年

片手で持つと手に余る大きさに成長した【エアロ】

s-画像 057

現在脱皮前で少々色が悪い。

脱皮前、水入れに入ったら餌を食べない。

水入れからスルスルと出てきたら、ご飯ちょうだいの合図など最近は行動パターンも把握出来る様になってきた。

まぁ相変わらず頭を見つけるのは下手だし、食べたり食べなかったりも激しいけど、健康に育ってくれているので良しとしましょう。

魚の大量死

27日午前7時半頃、さいたま水族館の池で鯉などの魚が約300匹死んでいるのが見つかり、池の水からは塩素が検出された。

この池では2014年2月にも500匹ほどの魚が死に、その際にも塩素が検出されている。

私もさいたま水族館を訪れた際、アオウオやソウギョの巨大さに感動した1人だ。

あのアオウオやソウギョも死んでしまったのだろうか…

s-画像 053

s-画像 054

警察は何者かが塩素を池に混入させたとみて調べているとの事なので、犯人が早く捕まる事を願う。

母体が健康であってこそ

卵を産んだレオパのメスが痩せてしまったので、集中的に太らせる事にした。

s-画像 054

カメの場合は卵を産んでも急激にガリガリになる事はないが、レオパはこれが怖い。

すでに3クラッチしており「もう産まなくていい」って思っても産み続けてしまう。

中には「卵さえ採れれば親個体はどうなっても良い」と考えるブリーダーもいるが私にそれは出来ない。

やはり母子共に健康であってこその繁殖だと思う。

いつでも100パーセント以上の力で

自分ではワニガメの飼育を完璧にこなしているつもりでも、時々勘が鈍る事がある。

それは他の個体に気をとられている時に起こりやすい。

私の信念は「ワニガメの飼育をおろそかにするくらいなら他の生き物は飼わない!」である。

しかし、他の個体が体調を崩した時などは、どうしてもそちらに神経を使ってしまう。

ワニガメの飼育が100パーセントとするならば、他のペットの世話をする場合ワニガメと合わせて150パーセント、いや200パーセントくらいの気持ちで臨まなければならない。

他の個体に気をとられてワニガメの勘を鈍らせているようじゃ、私もまだまだ未熟者です。


s-画像 060

泳ぐ子は育つ?

ジャイアンの後継者として育てているジャイマスで、甲長は現在24cm。

s-画像 053

私がジャイマスを育てる上で重要視しているのはよく泳ぐ事。

水底でじーっとしている個体や、底のほうを歩き回っている個体は、あまり大きくなる印象がない。

やはり泳ぎ回って餌をねだる個体の方が大きくなる傾向が強いようだ。

成長線も良い感じに目立って来たし、片手で持つのはそろそろきついなぁ。

大江戸錦鯉まつり2014

4月12日、13日に日比谷公園にて開催された大江戸錦鯉まつりに12日(土)のみ行ってきました。

s-画像 060

仕事の合間だったので滞在時間は30分くらいでした。

でも、ちゃっかりカメラは持ってたりして(笑)

全体総合優勝 紅白
s-画像 058

45部総合優勝 大正三色
s-画像 059

45部都さくら賞 五色
s-画像 061

来年は出品してほしいと言われましたが、2日間通しての品評会は鯉へのダメージも相当なものなのでう~んといったカンジです。

まぁその時に仕上がっていれば考えますという事で!

アフリカに比べりゃ日本の暑さなんて

春になってもケヅメは暖かい場所が好き。

赤外線ライトの下で、のほほーんと寝てたかと思ったら、ガタガタと動き出す。

s-画像 059

もう少し暖かくなったら多摩川の土手にでも連れて行って遊ばせよう。

めっちゃ重いけど。

ニホンイシガメの目覚め

暖かくなり屋外のニホンイシガメ達も水面からニュ~っと顔を出すようになった。

無事に全頭冬を越したようです。

s-画像 057

この黄色くてカッコイイ亀が日本固有種ってのは結構凄い事だと思うんだけどなぁ。

もっと見直されても良い亀ですね。

うちはオスが1匹しかいないから上手くいかないのか、なかなかベビーの顔を見ることが出来ません。

今年は新たなオス親を迎え入れるかな~。

水槽の中の君はまるで子供のように

給水中の水流で無邪気に遊ぶオルカさん

s-画像 051

まるで子供のようです。

「きゃ~流されるぅ~」

s-画像 052

ってそんな華奢な体してないだろお前。

どっちかっつーと滝に打たれてるプロレスラーみたいだ(笑)

腕太いし。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR