設置場所はカメに聞け

飼育部屋の模様替えを行った際、ゲイモスの水槽を高い位置に移動させた訳だがこれで何が変わったのか?

簡単に言ってしまえば給餌量である。

ゲイモスは以前に比べ、倍近く食べるようになった。

s-IMG_5245.jpg

たった85cm、水槽の位置を高くしただけで…

私は、ここ!と決めたら水槽の設置場所を変える事は殆んどない。

今回は食べるという確信があったので、水槽の設置場所を変更するに至った。

通常、水槽の設置場所は部屋と飼い主の都合で決まる訳だが、うちの場合は亀が自然とこの場所に行きたいと教えてくれる。

亀をじっくり観察していれば、何かしら必ずサインは出しているはずだ。

くれぐれも見落とさないようにしよう。
スポンサーサイト

僕の夢はペット屋さんになる事です。6年1組大久保智哉 (卒業文集より)

子供の頃に憧れた生き物は誰にでもいると思います。

大人になって、少しずつ稼げるようになって夢を叶えた人もいるでしょう。

これはスーパーカーに憧れた少年が大人になって、フェラーリやランボルギーニを乗り回す感覚に似ているのかもしれません。

ちなみに私が憧れた生き物はオオクワガタ、ヘラクレスオオカブト、コーカサスオオカブト、グリーンイグアナ、コンゴウインコ、シルバーアロワナ、アルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメ、でっかいマタマタ、そしてワニガメ

s-IMG_5273.jpg

他にもまだまだいるけど、基本的にはでっかくなる生き物です。

大人になって飼うことが出来た生き物もいれば、未だに手が届かない生き物もいる。

夢はいつまでも持ち続けていたいものです。

ワニガメを手に入れた時点で夢の9割は終わってしまいましたが…

あとはフェラーリF40を買えば完結です(笑)


s-画像 053

かくれんぼは「もういいよー」と叫んだ時点で大体居場所がバレる

私の家の裏は市民プールです。

子供の頃は水着で行って、水着で帰って来たので便利でしたけどね。

今は子供の騒ぎ声とアナウンスのマイクの音がうるさいだけです。

そもそも私の通ってた小学校にはプールがなかったんで、みんな海パン一丁で市民プールまで歩いて行ってました。

市民プールにある25Mプールを借りて授業をする訳ですが、遊びに来てるお客さんに見られて恥ずかしかったです。

あと、地獄のシャワーってのがありましてね。超冷水が出るやつ。

それがとにかく嫌でした。

そして、また海パン一丁で学校まで戻ると…

まあ、当時はそれが当たり前だと思っていたけど、よく考えたら変な学校ですよね?

ちなみに私が卒業してから校庭にプールが出来ました。

今日の画像はリューシワニガメの【モモ】さん

好き嫌いなく、何でも食べる優等生。

成長線もイイ感じでしょ~


s-IMG_5232.jpg

久々の息抜き

泥酔したかめむらさんに呼び出され、カラオケに行ってきました。

かめむらさんの歌う仮面ライダーBLACKは、倉田てつをのものまねが似すぎてて気持ち悪いです。

特に「心ぉ許したぁ友ぉ~」のトコロ

マジで、てつをが乗り移ったかと思ったぜ

でもね、家帰って水換えしたら終わったのが朝の4時半だったよ。

眠いよ。

次の日も仕事だよ。

まぁ楽しかったら良いけどね


s-IMG_5246.jpg

オルカの体重は?

オルカの体重は何㎏ですか?とよく聞かれるが、実際水槽から出す事もないので正確な体重は分からない。

60㎏?はたまた70㎏?

オルカを持ち上げて体重計に乗り、私の体重だけを引けばオルカの体重が出ると思うが、そこまでして体重を量る意味はないだろう。

とりあえず、「持ち上げる気にならない重さ」というのが正直な所だ。

もしくは「持ち上げられない重さ」かもしれない。


s-IMG_5262.jpg

個体差とは

個体差とは読んで字のごとく個々の差である。

以前ワニガメは3亜種いると話題になったが

これが学者さんなら「あそこか違う」「ここが違う」だから「亜種レベルで違う」という結論になるのだろう。

しかし、我々趣味人…いや私に限ってかもしれないが人間だって100人いれば100人顔が違うんだから、ワニガメだって個々に差があって当然と思ってしまう。

しかも、甲羅の標本を3つ並べて「ほらここが違うでしょ?」って言われてもねぇ

どうせなら〇〇州の〇〇川で捕獲されたワニガメをベビーから老成個体までオスメス全部並べて比較するくらいの事はしないと確実な情報は得られないのでは?

当然同じ川で育っても、オスとメスで形が違うし、食べ物でも変わる。

また、流れの早い所、緩やかな所でも甲羅の形は変わってくる。

深い所にいればそれだけ甲羅には強い水圧がかかるので、分厚く、高くなるかもしれないし、首を長く上に伸ばせば項甲板の湾曲は大きくなるだろう。

川の底が砂利なのか?砂なのか?土なのか?でも、体色は変わってくるかもしれない。

15年以上前は山吹色のワニガメも数多く出回っており、これは捕獲場所の違いと考えるのが主流となっている。

しかし、例え同じルイジアナ州で捕獲されたワニガメでも、面長で尻尾の長い個体もいれば、丸顔で尻尾の短い個体も存在するので捕獲場所が同じだからといって、全ての特徴が一致するというものではない。

臀甲板が上を向く個体、肩口に1対の突起がある個体、上縁甲板が4~5枚ある個体など各々の特徴をあげていけば、すぐに数十通りの例が出来てしまう。それを亜種分けだ!亜種分けだ!といったらとてもじゃないがキリがない。

そもそも学者が机上の理論で個体の違いを指摘するなら、飼育者は「違和感」という形で違いを察知するはずである。

ワニガメを熟知した飼育者ほど食性の違い、成長速度の違い、活動温度などに敏感に反応し、「ひょっとしてこれは別物なのでは…?」という勘が働く。

しかし、私が「これは別物!」と感じたのはリューシワニガメくらいなもので、通常のワニガメでその違和感を感じた事はない。

色々書いてきたが、これは私個人の意見なので、皆さんはサラッと読んで右から左へ聞き流してほしい。

まぁ亜種分けされた所でワニガメはワニガメ…学術的な見解より、自分はワニガメが大好きだ!という気持ちの方がはるかに大切だと思うのは私だけではないだろう。

三重の寺村さん、こんな感じの返答で宜しいでしょうか?


s-画像 054

久々登場のハイブリッドスライダー

通年、屋外飼育のタバスコクジャクガメ×リオグランデアカミミガメのハイブリッドスライダー。

s-IMG_5243.jpg

もう寒かろうが、暑かろうがへっちゃら。

やはりこの手のカメは屋外で飼育すると色彩がエグくなるというか…

実物はオレンジ色がもっと派手です。

嗚呼愛しのヘラクレス

今年は国産カブトの他に、ヘラクレスオオカブトの繁殖にも力を入れている。

でかい!マットを大量に使う!羽化までの時間が長い!と、この低燃費の時代にまるでアメ車の様なカブトムシであるが、場所とマットを確保できるなら、こんなに魅力的なカブトムシはいない。

s-IMG_5257.jpg

もちろんマットはフィールドガーデン社製のヘラクレス発酵マットを使用。

ヘラクレスマットはカブトムシのみならず、ゴキブリ、ダンゴムシの飼育にも最適!との事です。(かめむら談)

コップ蛹室

カブトムシは、たまに地上でサナギになってしまう個体がいる。

こういう場合、大抵は羽化不全になってしまうが、人工蛹室に移せば助かる場合もある。

国産のカブトムシは、外国産と違い縦に蛹室を作るのでトイレットペーパーの芯などが適しているが、トイレットペーパーの芯なんて都合よくある物ではないので、今回はプラスチックコップを利用した。

カブトムシが縦になるように少し傾斜をつけて…

s-IMG_5300.jpg

あとは触らないのがイチバン!

無事に羽化してくれよ~。

夏はこれだなっ

夏になると飼いたくなるもの

メダカ

私も昨年までは銀河、幹之、アルビノの3品種を大量に殖やしていたが、繁殖を引き継ぎたいという方がいたので容器ごと全て譲ってしまった。

彼の所で、今も順調に殖え続けているようだ。

まぁ容器と言っても私の場合、カインズホームの98円のバケツがメインだったけど。

雨で水が溢れない様にバケツの横に小さい穴を開けて、産卵床も本物のホテイ草は枯れるので、もっぱら毛糸。

こんな設備でもバカみたいに殖えた。

まぁ、毎朝の採卵と稚魚の大きさを合わせる選別など、メダカは本気でやり出すとカメ以上に手が抜けないからなぁ。

でも幹之だけはもう一回やりたいかな。

頭から尾まで、背中全体が光ってるフルボディのやつね。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR