今年は惨敗でした

気候も冬へと傾き、ヒメニオイの親達は、そろそろ冬眠の準備を始める季節になってきた。

しかし、容器の前に立てば食べ物欲しさに寄ってくる親達。

s-IMG_5795.jpg

近年は気温の上下が激しく、春と秋を無視していきなり夏や冬の気候になったりする。

昼と夜の温度差も激しい。

個人的な意見としては今年の夏はセミが少ない。

毎年ハコガメ達のオヤツにする為採集しに行くのだが、今年は圧倒的に数が少なかった様に感じる。

かと思えば10月にセミが鳴いていたりする。

多くの方が指摘している様に地球は異常気象なのだろう。

しかし、自然の力に逆らえるはずもなく、今年のブリーディングは散々な結果となった。

来年は良い結果が残せる事を期待したい。
スポンサーサイト

好奇心に勝るものはない

よく、生き物飼育を極めたと言う人がいる。

マリオブラザーズをノーミスで全面クリア出来るなら極めたと言えるかもしれないが、生き物飼育にゴールはないので、いつまで経っても修行中である。

ある程度の所まで行けば、また初心に戻り自分の飼育を見直す。

西に沈んだ太陽が東から登るように、クルクルクルクルその繰り返し。

その日常に飽きてしまうか、さらにのめり込んで行くかは本人次第なのだが、やはり本当の意味で、のめり込める人間というのはほんの一握りなのだろう。

これはもう好きとか嫌いとかいうレベルではなく、言うならば本能。


s-IMG_5815.jpg

幼虫飼育の極意、、、さわらない

カブトムシの幼虫も徐々に大きくなってきました。

プラケを下から覗くと

ほら

s-IMG_5802.jpg

本格的に寒くなる前にマットの交換は終わらせておこう。

嫌なんだよね。

寒い中、土をこねるのが

マットはもちろんフィールドガーデン社製のヘラクレスマットを使用。

国産カブトに最高級発酵マット?

いやいや、こういう所はケチっちゃいかんのです。

あと、かめむらさんのブログでオルカを紹介して頂きました。

ありがとうございます。

無神経

こんにちは

生き物がいる部屋でタバコを吸う人間と

タバコを吸った手で生き物を触る人間と

生き物の周りで殺虫剤や蚊取り線香を焚く人間が大嫌いです。

ピレスロイドは両生類や爬虫類に有害な神経毒です。

以前、可愛い愛猫を膝の上に乗せて、タバコを吸う人を見た事がありますが、おもいっきり猫の顔に煙がかかってました(汗)

とても可愛がってる様には見えません。

ただ生き物見て「可愛い~!」ってのは動物番組に出てるアイドルでも出来るんですよ。

我々は飼育者ですから、どれだけペットの為に己を犠牲に出来るか、相手の事を考えられるかが大事だと思います。

己の欲望を優先して生き物と向き合っているなら、それはただの無神経ってやつです。

そんな人とは仲良く出来ないし、仲良くなろうとも思いません。

目が白濁する原因の1つとして

昔から水換え直後に亀の目が白くなるのは、塩素が原因だと言われています。

s-IMG_5657.jpg

まぁ、確かに痛そうに目をパチパチしたりするので間違いではないでしょう。

ただ、塩素が原因と簡単に片付けてしまったら進歩がないので、自分なりの意見もちょっとだけプラスしてみたいと思います。

まず、観賞魚の世界でも給水直後に目が白くなる事があり、特にダトニオやアロワナなどの大型魚に多く見られます。

魚の世界では塩素を抜く事は常識である為、塩素が白濁の原因と考える人は少ないようです。

そう、魚の目が白くなる原因はpHショック。

亀の世界では聞き慣れない言葉だと思いますが、要するに酸性に傾いている飼育水に水道水を入れると、一気に水が中性になるので一時的にショックを起こすアレです。

魚の場合はpHショックで死亡する事もありますが、亀は強靭な為、目の白濁くらいで済んでいると考えるのが正しいのかもしれません。

結果的に一番大切なのは予防であり、飼育水を痛めない事と、綺麗な水を提供する事だと思います。

巨大キングタイガー

ワニガメ部屋に飾ってあるので、見たことがある方も多いと思いますが

15年ほど前に、私の模型の師匠に製作して頂いた、タミヤ1/16キングタイガーポルシェ砲搭

s-IMG_5805.jpg

画像だと伝わりにくいですが、めちゃめちゃデカイんですよ。コレ

右に写ってるのは黒ウーロン茶のペットボトルです。

健康に気を使ってます。(笑)

ハッキリ言ってこのサイズのプラモデルを部屋に飾ると

かなり邪魔です。

s-IMG_5808.jpg

やはり戦車模型は1/35くらいが丁度良いですな。

安定した給餌量

ボールパイソンの拒食に頭を抱え、胃をキリキリさせている様じゃ、私もまだまだ未熟者なのでしょう。

でもね、定期的に食べてくれれば、それだけこちらも安心ですから。

うちのボールパイソンの中でも【ファム】はわりと餌喰いが安定しているので、私としても安心して給餌する事ができる。

s-IMG_5758.jpg

うちに来た時は一番ガリガリだったのにねぇ~

ブッチャーくん

我々ワニガメマニアの間では伝説になっている平川動物公園の巨大ワニガメ。

最近知ったんですが

「ブッチャー」君という名前があるそうです。

s-画像 073

私が取材に行った時は、浅い水場で身動きがとれなくなっていましたが、今では新たな場所に爬虫類館も新設され、ノビノビと泳ぎ回っているとの事。

良かったね。ブッチャーくん。

しかし、あの巨体をよく運べたなぁ…

2人がかりでもビクともしなかったのに

伊豆に別荘でも買おうかな。なんちゃって

結局今年の夏は伊豆に行けなかった

伊豆なんてわざわざ混んでる時に行かなくても、空いてる時期に行けばいいじゃん

って言われそうだが、私の中で伊豆は夏に行くもの!という妙な拘りがある。

小田原厚木道路を走ると左側に見えてくる鈴廣かまぼこの看板と海

海水浴客で賑わう熱海の海岸線

伊東の道の駅で休憩

高原ビールと漁師めし

大室山

ライオン岩

シャボテン公園のヒドラに、バナナワニ園のアルビノイリエワニ

波勝崎のニホンザル

帰りは赤沢温泉に浸かり担々麺を食べて帰る。

出来れば泊まりで行きたい所だが、週6勤務プラス生き物達の世話があるので、残念ながらそんな時間は…ない。


s-画像 067

s-画像 060




販売個体その2

前回大好評(?笑)だった、ピークアブーさんとかめむらさんの販売個体紹介コーナー。

またまた魅力的な個体が入荷した様なので紹介しましょう。

私なんかのショボい説明文より、プロフェッショナルな2人に直接聞いた方が良いでしょうし、とりあえず写真を。

まずは、ヌマヨコクビガメ6.5cm
s-IMG_6046.jpg
s-IMG_6062.jpg

クリイロハコヨコクビガメ8.5cm
s-IMG_6038.jpg

ニシキマゲクビガメ7cm
s-IMG_6031.jpg

オルカプロジェクト2013CBヒメニオイ多甲板
s-IMG_6029.jpg

ナスタことガイアナカエルガメ28cm
s-IMG_6060.jpg
s-IMG_6053.jpg

価格等は、かめむらさん、ピークアブーさんまでお問い合わせ下さい。

餌用デュビア各サイズ在庫あります。

デュビアのお問い合わせはかめむらさんまで
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR