夏の終わり

今年も夏が終わろうとしている。

学生達は宿題に追われている頃だろうか…?

大きな変化もなく、いつも通り夏が終わっていく。

変わった事と言えば、例年以上に生き物の世話が忙しかった事くらいか…。

同年代の男女は海で騒いで、浴衣で花火とか見に行ったのだろうか?

そんな事を考える32歳の夏。

もうそんなに若くないぞ!

なんか虚しい夏の終わり。


by オルカプロジェクト


IMG_1428.jpg
スポンサーサイト

ペアリーロード夏祭り2016

毎年恒例ペアリーロード商店街ビアガーデン!

今年はいつもの商店街から100mほど場所を移し、ガンダムの前で開催だ!

IMG_1452.jpg

だ~れもガンダム見てないけどね。

去年までは道路に机並べてビアガーデンやってたから、道路使用許可とか色々大変だったみたいだけど、今年は駅前の広場だから全然お構い無し。

でも駅前でこの人数が酒盛りしてたら、何も知らないで改札出た人はビビるよなぁ~(笑)

IMG_1444.jpg

大人はビール、子供はスーパーボール。

IMG_1446.jpg

ちょっと、そこの背がでかい人、ポケモンGOばかりやってないでちゃんと接客してくださいよ。

我が町が誇るミュージシャン、花枝くんキター!!!

IMG_1458.jpg

って、なしのすけくんが欠席ってどーゆう事??

なしのすけくんカムバッーク!!

仕方ない去年の画像で我慢するか…

s-IMG_9494.jpg

うぅ会いたかったよ。なしのすけ…

個性的な顔

私は好きなカメベスト5に入るくらいクサガメが好きだ。

どこが?と聞かれれば愛嬌だろうか?

クサガメの顔はとにかく個性がある。

IMG_1371.jpg

沢山飼育していてもちゃんと1匹、1匹見分けがつく。

あとは強いってのも魅力的で、ちょっとくらい手を抜いてもまず死ぬ事はないし、卵は有精卵ならほぼ孵るし、ベビーの管理も楽だし、繊細な生き物が飼えない私にはぴったりなカメであります。

俊敏

さっきまで水槽の隅でじっとしていたオルカが、気づいたら目の前にいる。

音もなくスーッと

IMG_1411.jpg

食べ物の匂いがしないので、いきなり襲って来る事はないものの、作業中は常に生き物の位置を把握しておかなければならない。

「動けないのではなく、動かないだけなのだ」という事をお忘れなく。

頑張れ、おばあちゃん

水場へ向かうスロープを、オオアタマクサガメの【いっこく堂】が一生懸命登っています。

何だか足どりが重そう。

IMG_1367.jpg

良く考えりゃ、いっこく堂もおばあちゃんだもんね。

そりゃ動きも鈍くなるわ。

でも餌の時、一番早く飛んでくるのも、いっこく堂なんだよね。

マイクロチップ成長検証その11

昨日のブログの続きになるが、以前私は「オーガはトップレベルのポテンシャルを持ったワニガメだ」と書いた。

仮に私がショップのオーナーで、オーガに値段を付けるとしたら確実に100万以上の値は付ける。

甲長30cmそこそこのワニガメに100万なんて馬鹿げた話であるが、じゃあ100万の予算でオーガと同じポテンシャルのワニガメを見つけて来いと言ったら恐らく難しいだろう。

うちに来る人でも、何故私がオーガをここまでベタ褒めするのか理解できない方が大勢いるが、その理由は給餌の詳細が書き込まれたカレンダーの中にある。

オーガがここ1ヶ月で食べた餌の量と給餌間隔は、通常のワニガメなら確実に吐き戻しをしている量である。

カレンダーに詳細を書き込んだ私自身が読み返して唖然とした…

「この小さい体の何処にこれだけの食べ物が入るのか?」、「そしてなぜ吐き戻さないのか?」

謎は深まるばかりだが、今日もオーガは1日中ルアーリングをしている。


IMG_1408.jpg

生まれ持ったポテンシャル

人間は大食いの人もいれば、少食の人もいる。

ワニガメだって、生まれた時から内臓が強いワニガメもいれば弱いワニガメもいる。

こればかりは生まれ持った才能なので、どうする事も出来ないが、ショップなどで長期間ストックされ胃が小さくなっているワニガメに関しては、飼育次第で改善する事はできる。

まずはそのワニガメの限界値を知る事が大切で、吐き戻すギリギリの量はどのくらいなのかをしっかり把握しておこう。

あとは少ない量からスタートし、徐々に給餌量を増やしていけば自然と内臓は強くなる。

「大きくしないで、綺麗な個体を水槽で眺めたい」という人にはあまり関係のない話かもしれないが、私の様に、とにかく大きく育てたい人間は綺麗さなど二の次、三の次、基本的には内臓の強さしか頭にない。

綺麗な個体はお金を出せば買えるけど、本当に内臓が強いワニガメは探したって中々いないからね。


IMG_1404.jpg

掘っとる、掘っとる

とりあえずヒメニオイの親達も産卵のスイッチが入ったようです。

IMG_1426.jpg

しかし、例年に比べ産卵時季が遅く、数も少ない。

このままでは歴代のワースト記録に迫る勢いです。

参ったねぇ…こりゃ。

色変の事はよく分からん

「リューシワニガメのベビーが欲しいのですが、確実に白くなりますか?」という質問を受けた。

正直、分かりません。

個体のクオリティにもよるし、後から色抜けする個体もいるので。

ただ、初めから黒い色素の少ない個体は、大きくなっても綺麗な印象があります。

なので、なるべく皮膚に色素がなく、口の中が白い個体を選べば良いと思います。

あと何回も言いますが、幼体時以降リューシの目に十字模様は入りません。


IMG_1402.jpg

セマルが産卵

こんにちは

なんのこっちゃ分かりませんが、家の前の公園にポケモンがいるそうです。

先日も同級生の田中くんが、府中の郷土の森周辺にポケモン捕りに行こうと言うので、深夜にチャリで府中まで行ってきました。

途中パトカーが近づいて来て、危うくお巡りさんにゲットだぜ!されるトコでした。

「こんな時間に何やってんの?」

「いや…ポケモンを探す旅に出てまして…」

さて、話は変わりますが、セマルハコガメが産卵しました。

IMG_1430.jpg

普段、クサガメやヒメニオイガメの卵を見慣れているせいか、セマルの卵はすごく大きく感じます。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR