関戸熊野神社例大祭2016

多摩市の熊野神社例大祭に参加してきました。

最初は人もまばらですが…

IMG_1620.jpg

日が暮れると徐々に人も増え…

IMG_1624.jpg

クライマックスはもうぐちゃぐちゃ

IMG_1636.jpg

とにかく皆さん神輿の下に入りたいから徐々にヒートアップ。

「うぉぉぉぉー行け行けぇ!!!」

「もっと右だ、右ーっ!!!」

「押すな、バカヤロー!!!」

と罵声が飛び交います。

2年前は目の前で、綺麗な右ストレートが顔面にヒットする所を目撃しました。

もはや逃げるが勝ちってやつです。

そんな私も体は痛いし、指は血まみれだし…

指が太鼓のバチを持つ形で腫れているので、今ジャンケンしたらグーしか出せません。

パーしか出せない、なしのすけくんに確実に負けます。

そんな訳で関係者の皆様、今年もありがとうございました。

また来年。
スポンサーサイト

オオアタマクサガメの種親

爬虫類業界には様々な飼育者がいるが、生き物の価値は人によって異なる。

値段に価値を見いだす人もいれば、魅力に価値を感じる人もいる。

ちなみに私は値段など全く興味がない。

安い生き物でも良いものは良い。

「たかがクサガメでしょ?」なんて言ってる人には、この魅力は一生理解できないでしょう。


IMG_1617.jpg

IMG_1594.jpg

ぱつんぱつん

以前は鼻先を擦りながらも、ギリギリ旋回する事が出来たオルカ。

しかし最近では、首を完全に曲げなければ回る事が出来なくなってしまった。

IMG_1568.jpg

やはりオスワニガメを飼育する場合は、最初から奥行き120cm以上の水槽を設置する事を頭に入れておかなければならない。

ちなみに、画像に写っている奥行きは90cm。

そこから頭のサイズを引けば、大体の甲長が分かるでしょ?

生き物にとって飼い主が一番の理解者

自分が飼育している生き物の事を一番良く理解しているのは、当然ながら飼育者自身である。

飼育者自身が生き物の癖や給餌量を完璧に把握しているからこそ、生き物も心を許し、馴れてくれる。

言葉が喋れない生き物と信頼関係を築くのは大変な事だが、心が通じ合えば、かけがえのない存在になる事は間違いないだろう。

だからこそ思う事がある。

私に、もしもの事があった場合、オルカはどうなってしまうのか?

現時点で私の飼育を完璧に再現できる人はいない。

これはワニガメの飼育が上手いとか下手とか言っているのではなく、オルカというワニガメの癖を私以上に理解している人がいないという事だ。

そして、それは記録として残せるものではない。

オルカの完璧な飼育データは私の頭の中にあります。


IMG_1574.jpg

ご飯の時間です。その2

本当に冬眠するの?と疑いたくなるほどカメ達の食欲が凄まじい。

まぁ冬眠中の体力温存の為にも食べるのは当たり前なんですが、あと1ヶ月もしたらこの光景が見られなくなるなんて信じられない。

IMG_1581.jpg

夏がアホほど忙しかっただけに、冬は暇に感じるんだろうな~。

冬は冬で、やる事沢山あるんですけどね。

ご飯の時間です

今年の夏は残暑が厳しい。

台風は次々来るし、あちらこちらで洪水の被害も出ている。

本当に地球は大丈夫なのだろうか?

さて、9月の終わりと言えば通常なら冬眠を視野に入れる季節でもあります。

しかし、カメ達の食欲は落ちません。

配合飼料をパラパラと撒けば、一斉に寄ってくるセマルの親達。

IMG_1578.jpg

可愛い奴等であります。

見下ろされている

私は家にいる時間の9割は飼育部屋で過ごしている。

全ての世話が終わるとソファーに寝転がり、そのまま朝まで寝てしまう事も少なくない。

ちなみに、これはソファーで横になった私の目線である。

IMG_1557.jpg

オルカの視線が妙に冷たい。

「ちゃんと布団で寝ろよ」と言っているみたいだ。

マイクロチップ成長検証その14

【オーガ】は時々、左後ろ足を伸ばして腰を浮かせる様な姿勢をとる事がある。

IMG_1552.jpg

マイクロチップが入っている場所なだけに、少々不安である。

原動力

普段ポジティブの塊で出来ているような私ですが、時には落ち込んだり、悩んだりする事もある訳です。

だって人間だもの。

そんな時は体を動かそうと思っても、自分の意思とは関係なく体の動きが鈍くなり、やる気が起きません。

通常なら布団にくるまり「ほっといてくれ!」と、ふて寝でもするのでしょうが、我々飼育者にはふて寝などしている暇はありません。

そんな時こそ嫌な事を忘れ、飼育に没頭するのです。

IMG_1569.jpg

初めから「やる気が起きない」と頭で考えていたら、体はついて来ませんよ。

大切に飼っている人がいる事もお忘れなく

世間では何かと色々言われるミドリガメ。

うちにもいますけどね。

IMG_1583.jpg

IMG_1564.jpg

悪者扱いする人もいれば、大切に飼育してる人もいる訳で、一方的に殺処分だ!駆除だ!こんなものを販売するペットショップが悪い!なんて言われたら、ますますミドリガメ飼育者の肩身は狭くなるばかり。

最近ではミドリガメカレーなんてモノも発売され、面白おかしくニュースになってました。

でも、よく考えて下さい。

大切に飼ってる人がいる事を。

あなたが飼っている生き物が、ある日突然悪者にされてしまう事だってあるんですよ。

かつてのワニガメ、カミツキガメのように。

ミドリガメカレーだって、ミドリガメだから誰も突っ込まなかった訳で、これがワカケホンセイインコシチューとか、アムールハリネズミの唐揚げだったら虐待だとか残酷だとか言うんでしょうね、きっと。

同じ外来種なのに。
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR