高額な求人広告を掲載して採用した新人が来なくなりました

ペットショップは毎年、多くの新人が入って来てはやめていく。

最初の2~3日だけ出勤して、あとは音信不通というパターンが多いようだ。

まぁ、こんな光景は今まで何度も見てきたので、今さら驚かないのだが、何故そこまでペット業界はやめる人間が多いのか?

これには店側も頭を抱えている事でしょう。

ちなみに私が面接官だったら…

まず「生き物飼ってますか?」または「過去に何か飼ってましたか?」って必ず聞く。

好きな事で金儲けをなんて言われるかも知れないけど、好きという基盤がなければやっていけない商売である。

仕事以外でペットを飼う、イコール損得勘定無しで生き物を扱える人間ははっきり言って長続きする。

また、理想と現実のギャップでやめていく人も多い。

現在は死んだ金魚を大型魚に食べさせたら、スタッフにドン引きされる時代である。

新人研修で覚える事は、掃除でもエサ交換でもなく、まずは死体処理だと私は思っている。

小さい金魚が死んだらどう処理するのか?、大きいウサギが死んだらどう処理するのか?

自分で考えさせると同時に、「可愛い」「可哀想」だけでは成り立つ商売ではない事をしっかり教育していかなければならない。

それでも「虐待」だ「可哀想」だと主張するなら、店側とスタッフの意見が交わる事はない。

一生平行線のままだ。

動物愛護団体と動物園が反論し合うのと同じ。

本気で野生環境を心配するなら、環境を破壊し、地球を支配している人間は絶滅しなければならないし、狭い檻に閉じ込めたら可哀想というなら、部屋から一歩も出てこないニートは不幸なのか?という揚げ足取りみたいな話しにもなりかねない。

あっ、話が逸れましたね。

ごめんなさい。

まぁ、私はショップのオーナーでもなけりゃ店長でもないので、あくまで自分だったらこうするって目線で書いてみました。

軽く読んだら忘れてください。
スポンサーサイト
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR