食べ物を考える

ワニガメの食性については、飼育下でも色々な物を与えるのが理想である。

先日、三重の寺村さんより「なぜワニガメに正肉を与えるのか?」という質問を受けた。

この質問には、正直私もスランプになるくらい考えさせられた。

確かに肉から内臓まで1匹丸ごと食べさせれば、栄養バランスも良いと思うし、私も過去にマウスやヒヨコ、ウズラなどを試した事がある。

しかし、飼育環境によっては問題点も出てくる。

まず私のようにポンプで水換えを行う場合、排泄された羽や毛がポンプのプロペラ部分に絡み付き故障の原因になる事があるのと、飼い馴らされたワニガメは、羽や毛を嫌がる傾向がある。

また、ウズラを何匹食べれば巨大ワニガメがお腹いっぱいになり、必要なカルシウム量を摂取できるのか?と考えた場合、やはりコスト的な問題も出てくる。

あとは脂肪分であるが、私は手羽元肉から皮を全て取り除いている。

太るという理由もあるが、一番厄介なのは排泄された脂は非常にベタついていて、水槽内に付着すると落ちなくなるという事だ。

通常骨まで消化するワニガメでも、脂分は未消化のまま排泄してしまう事から、私は脂に対して分解、吸収能力が優れていないと判断している。

以上の事を踏まえると、正肉を使う理由としては、掃除の楽さ、骨の量の調整、脂分を事前に取り除けるといった、少々人間の都合が優先される結果となる。

また、最近では羽や足を処理したウズラも売られているので栄養面を考慮し、私も試してみたいと思っている。

でも…正肉に慣れたウチのワニガメ達は食べないだろうなぁ


2s-IMG_0417.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR