繁殖を狙う時以外は、出来れば個別飼育を

カメは丈夫な生き物である。

これは間違いない。

しかし、それは適切な環境で飼育した場合である。

適切な環境とは何もピカピカに磨かれた綺麗な水槽とは限らない。

ヘドロが溜まった公園の池だって、カメ達は状態良く元気に暮らしている。

実は、飼育下で意外に知られていない死亡原因は「多頭飼い」である。

別名キャパオーバーとも言う。

知らないうちに自分の飼育環境が満員電車状態になり、カメはゆっくり状態を崩して行く。

あれ?なんか餌食いが悪いな?と思った時にはすでに手遅れ。

カメは1匹に対してそれなりにスペースを必要とする生き物だが、メダカの様に1匹に対して水量1リットルといった基準が無い為、ついつい1ヶ所に数を詰め込みがちになる。

そして基本的に丈夫なので、すぐには死なない。

しかし、確実に数は減っていく。

キャパに合った数に自然淘汰されるからね。

飼いやすいと言われるクサガメだって、多頭飼いをすればコロッと死ぬ。

だから私が思う適切な飼育環境とは、個別飼育。

もしくはスペースに見合った数を、しっかり把握する事。

その証拠に、1匹、1匹を大事に飼育している人の所では、病気なんて滅多に出ないでしょう。


IMG_3190.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR