長寿も魅力

世の中が、2000年問題とノストラダムスの大予言に震え上がっていた年に、我が家にやって来た【ゲイモス】。

長いようだけど、ワニガメの寿命から考えれば、たったの17年。

IMG_2740.jpg

これから先も、まだまだ私とゲイモスの関係は続いていく。

ワニガメの魅力は数えきれないほどあるが、長寿な所もその1つだろう。

マイクロチップ成長検証その24

【オーガ】がこのブログに初めて登場したのが昨年の5月3日。

それから1年ほど成長記録を書き続け、当初34cmだった甲長も、現在39cmまで成長している。

IMG_2666.jpg

このペースでいけば2年後には甲長50cm…なんてそんな簡単にはいかない。

しかし、水と餌を惜しみ無く使えば出来ない事もない。

かといって健康に育たなければ意味がない。

全てはバランスが大事。

山梨は雪だった

山梨県の錦鯉品評会へ行ってきました。

高速を走っていると雪が降ってきまして、4月にもかかわらず、辺りは白銀の世界に。

これは辿り着かないんじゃないか?と最悪の状況が脳裏を過りましたが、笹子トンネルを越えると雪は無く、むしろ会場は日差しが暑いくらいの快晴でした。

IMG_2761.jpg

IMG_2797.jpg

この品評会には毎年行っていますが、さすがに雪が降ったのは今回が初めてです。

後ろのこち亀は気にしないで頂きたい

購入当時、ヒョイっと簡単に持ち上げられた【ゲイモス】も、現在は甲長50cmほどの立派な成体ワニガメへと成長した。

IMG_2692.jpg

しかし、当時は冬眠させていた事と、私の飼育技術が未熟だった事から、34cmを50cmまで成長させるのに17年もかかってしまった。

逆にそれが良かったのか、今でも年齢を感じさせないほど若々しく、ピカピカに育っている。

ワニガメにとっては、このくらいの成長速度が理想なのかもしれない。

ビッグマウス

最近は餌の量を絞っているので、以前に比べルアーリングの回数が増えた【オルカ】

今日もメロンくらいなら入りそうな、大きな口を開けて猛アピール。


IMG_2707.jpg

メスの蛹室作り

オオクワのメスが蛹室を作り始めました。

大体予想通りの時季です。

IMG_2710.jpg

オスは1~2ヶ月遅れるので、5~6月蛹化、6~7月頃に羽化だと思われます。

本当の悪は誰なのか

以前、同級生の山口くんと某動物園に行った時の話。

入り口でゾウの餌というのがバケツ1杯500円で売っていて、山口くんが買った。

ゾウコーナーへ行ってみると周りに飼育員の姿はなく、勝手に与えて下さいみたいな雰囲気。

バナナを手に取り、ゾウに差し出す山口くん。

するとゾウの鼻がバナナではなく、山口くんの手首を掴んだ。

私はとっさにヤバイ!と思い、彼の体を押さえたが、物凄い力で私もろとも引きずり込まれそうになる。

間違いに気づいたゾウが、すぐに山口くんの手を離したので大事には至らなかったが、一歩間違えたら大惨事だ。

最近は動物園での事故が非常に多い、我々特定動物飼養者からすれば、見本になってもらいたい動物園が不祥事ばかり起こし、北海道の方では危険を売りにする動物園まである。

そして、不祥事を起こす動物園をかばう保健所。

悪者になるのは、いつも一般飼育者。

今一度、本当の「悪」は誰なのかを真剣に考えて欲しい。

ちなみに山口くんは、お気に入りのパーカーが汚れたと悲しんでいたが、あんたもうちょっとで殺されてたよ。

イベントは見に行くだけでも疲れます

今年も日本各地で爬虫類イベントが始まっていますね。

出展ブースも、来場者数も年々増えているとの事で、業界が盛り上がるのは非常に嬉しい事だと思います。

しかし、その反面、私はイベントへのモチベーションが、年々下がっています。

そもそも私は爬虫類マニアではありませんし、カメマニアでもありません。

強いて言うならワニガメマニアです。

だからイベントへ行ってもワニガメが見られる訳でもないですし、特に買うものもないですし、渋滞には巻き込まれますし(笑)

結局、家でワニガメを眺めているのが、私にとって1番の癒しです。


IMG_2646.jpg

ちっこい

極小のスマトラヒラタ(オス35mm)が羽化しました。

サナギの時点ではメスだと思っていましたが、割り出してびっくり。

立派なオスでした。

IMG_2691.jpg

私自身も、こんなに小さいスマトラヒラタは初めて見ました。

上には上がいると思いますが、誰か、スマトラのチビギネスサイズを知ってる人がいたら教えてください。

重要視

私がカメを大きく育てる上で重要視しているポイントは、個体のポテンシャル5割、容器の大きさ3割、餌2割。

やはりどんなに餌を食べさせても、個体のポテンシャルが低ければカメは大きくならない。

というより、内臓が弱いので、そんなに食べられない。

逆に食べる個体は、こちらがセーブしてやらなきゃ危ないくらい食べる。

そして大切なのは、少しでも広い容器に入れる事。

カメは余裕を持って水槽内で転回が出来なくなると、成長が鈍る。


IMG_2679.jpg
プロフィール

オルカ

Author:オルカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR